【レビュー】玄関で使うことはできるのか!戸締りを管理するleafee magを使ってできること!

皆さんは戸締りをしたかどうかを忘れてしまうことってありませんか?

今回ご紹介するleafee magは、スマホで戸締りの確認をすることができるIoTデバイスです!

非常に安価で購入できるにも関わらず、その性能はかなり高性能。

窓だけではなく、玄関やエアコンなどにも使用することができる優れものです。

今回はそんなleafee magの初期設定から実際に使ってみたレビューまでご紹介したいと思います!

leafee magとは?

leafee magは先にもご紹介した通り、玄関や窓などの戸締りをスマホで確認することのできる最先端IoTデバイスです。

小さいデバイスがマグネットセンサーとなり、近づくと「施錠」、離れると「開錠」という2つの状態をスマホへと通知することができます。

窓や玄関に設置することで、寝る前に「あれ?玄関閉めたっけ?」となってもスマホで確認することができる、というわけですね!

leafee magを開封!

製品の内容物は非常にシンプル。

説明書とleafee mag本体、マグネットセンサーと電池です。

あとは設置するためのシールも付属しています。

シールはleafee mag本体とマグネットセンサーの裏面に貼ります。

ちなみにこのシールはかなり強力な両面テープになっていますので、一度貼ったらなかなか剥がれません。貼る場所は事前にしっかりと決めておきましょう。

この後の専用アプリのセットアップでスマホと本体の接続をする際に電池を入れる指示があるため、この時点で電池を入れておくことをオススメします!

leafee magのセットアップ!

まずはleafee magを管理するための専用アプリをダウンロードしましょう!

右の画面のようにアプリ検索で「leafee」と入力すればヒットします。

 

アプリをダウンロードしたら早速開きましょう。

アプリを使い始めるためには、まずはアカウント登録をする必要があります。

「アカウントを登録」をタップしてアドレスや名前などの必要事項を入力し、再度「アカウント登録」をタップしましょう!

 

アカウント登録が終了したら、今度はスマホとleafee mag本体の接続を行います。

先ほど電池を入れたleafee mag本体をスマホの近くに近づけましょう。

すると自動的にスマホがleafee magを認識してくれますので、それまで待機します。

右の画面が表示されれば接続完了です!

 

今回設置したい場所の名前を記載して「登録」をタップしましょう。

これで初期設定は完了です!!!

実際にleafee mag本体とマグネットセンサーを近づけたり遠ざけたりしてスマホ上で反応するかを確認しましょう!



窓の鍵に設置してみた!

実際に窓の鍵に設置してみました!

leafee mag本体は窓に貼り付け、マグネットセンサーはノブの部分に貼り付けます。

赤の枠線同士が同じ位置にくるように貼り付けましょう!

 

こんな感じです!

徐々に近づけていってleafee mag本体のセンサー部分がグリーンに光るかどうかを確認しましょう!

わかりづらいかもしれませんが、右の画像のようにセンサー部分が光ります。

これだけで施錠状態を確認できるんですからすごいですよね!

玄関に設置してみた!

玄関に設置するパターンは2つあるかと思います。

ひとつ目は上記のようにドアガードにつけるパターンです。これは比較的つけやすいと思います!

ただしマグネットセンサーの貼り付けることのできる部分が少ないため、落下しないように工夫したほうがいいかもしれませんね。。。

ふたつ目はノブの部分につけるパターンです。

こちらは若干注意が必要で、多くの場合上の画像のように距離が離れすぎてしまい、センサーが反応しません

そのためもしノブに設置したいのであればleafee mag本体を近づけるためにドア側に台座などを貼り付ける必要があります。

若干かさばる見た目になってしまいますし、ノブを下げた一瞬だけセンサーが反応しますので、あまり管理することに向かない場所かもしれませんね。。。

さいごに

さて今回はシンプルなセキュリティデバイス「leafee mag」についてご紹介しました!

高性能にも関わらず価格は3,000円と安く、コストパフォーマンスに優れる製品です。

問題点があるとすれば、スマホとleafee mag本体をBluetoothで接続できる状態にしておかなければセンサーの状態の確認をすることができない点でしょうか。

一軒家にお住いの方で1階の玄関の施錠状態を2階の自室から確認をしようとすると、Bluetoothの接続が切れてしまい確認をすることができません。

同じ階であれば接続はできると思いますが、障害物があると10m以上離れてしまうと接続が切れてしまうようです。

使い方としては外出時にアプリを起動し、接続が切れた状態の時の施錠状態を確認することで施錠忘れの状態での外出を防ぐ、ということでしょう。これで空き巣などからの被害には遭いづらくなりますね!