【レビュー】SONYのアクションカムFDR-X3000で水中撮影してみた!手ぶれ補正機能は効果あるのか!

SONYのアクションカムFDR-X3000には海中で撮影するための保護カバーが付属しているため海中でも使うことができます。

今回は沖縄県の小浜島でダイビング、シュノーケルをして海中撮影をした映像を公開したいと思います!

今回使うアクションカメラと自撮り棒

今回使用する自撮り棒はVelbon(ベルボン)製の「ULTRA STICK SELFIE」です。

ベルボンは三脚の有名メーカーということもありカメラを設置する雲台がしっかりしており、底面にも三脚を設置することができるネジ穴が設置されています。

ただし手持ち部分がスポンジでできているため使用後はしっかりと乾かすことが大切です。

アクションカメラはSONY製の最上位ウェアラブルカメラ「FDR-X3000」です。

GoProと比較されることが多いこの機種ですが、手ぶれ補正機能に関してはGoProと比較しても圧倒的な補正能力を誇ります。

上の写真のように海中撮影専用の保護カバーが付属されているため今回はそちらを使用して撮影します。

今回撮影に必要な道具は以下の通りです!

カメラと自撮り棒の組み合わせ!

今回は海中で使用しますので海中撮影用の保護カバーを設置した状態のカメラを自撮り棒に接続しました。

注意する必要があるのはまずこの海中撮影用のカバーをカメラに設置する時です。

カバーのレンズ側からカメラをカバー内に挿入してレンズ下部で引き付けるようにして閉めます。

ここがしっかりはまっていないと海水がカバー内に入ってしまうので海に入る前に必ずチェックしましょう!

注意点その2!

当然のことながら海中では波に揺られての撮影になります。

また思いがけず岩などに当たってしまって海の底までカメラが落ちてしまっては取りに行けない場合もあります

使用する際は必ずストラップを手首に通して使用するようにしましょう!

実際に撮影した映像を公開!

さて実際に撮影した映像を公開したいと思います!

撮影環境としては8月午前中の小浜島付近の海中を撮影したもので、天気は晴れのち曇りといったところです。

上の画像もアクションカメラ撮影したもので非常に綺麗に撮影できているのが確認できると思います!

さて実際に撮影したのをご確認ください!

さていかがでしょうか!

波の強さによっては体が揺られてしまって近づいたり遠のいたりしてしまっていますが、これでもかなり手ぶれ補正機能は効いています。

水中では足ひれをつけて自撮り棒も最大まで伸ばして撮影をしているためかなりの揺れの中で撮影をしているのですが、それでもこれだけの安定した映像が撮影できているのは素晴らしいと思います!

おわりに

さて今回はSONYのアクションカメラFDR-X3000を使って海中撮影をしてみました!

私は海水魚が大好きなのですが、ここまで鮮明に海中撮影ができて大満足でした。

もし海中撮影をしたいという方がいらっしゃいましたらぜひ同じ組み合わせで海中撮影を楽しんでみてください!