【2019年最新版】スマート体重計のオススメ製品を機能面から徹底比較!

近年スマートホーム技術が発展する中で、様々な家電がIoT製品化しスマホと連携できるデバイスが多く販売されています。

そして体重計もIoT化し体重や体脂肪率、筋肉量などを計測したのち全てのデータをスマホで管理することができます。

ダイエットの時も体重が減っている様子が見てわかると頑張ろう!という気持ちになりますよね!

今回はダイエットを継続するのにも役に立つスマート体重計のオススメ製品をご紹介したいと思います!

スマート体重計の比較ポイント!

スマート体重計を購入する際に大切な比較ポイントは以下になります。

重要な比較ポイント
  1. 価格
  2. 計測データの種類
  3. 計測データの見やすさ
  4. 連携アプリの種類
  5. バッテリー形式

体重計によって計測できるデータの種類が異なります。

自身の身体の状態を確認するためには計測できるデータの種類は多いに越した事がありませんので、多くのデータを計測できる製品を選択しましょう。

また計測したデータをスマホで確認するときにはアプリで確認する場合がほとんどですが、ご使用中のスマートフォンによってはアプリが対応しているかどうかを確認する必要があります。

またデータ確認の際に見やすいデザインであるかどうかも大切な要素になりますので、アプリのデザインも確認するようにしましょう!

TANITA RD-907シリーズ


体重計だけではなく計測器などの健康機器を手がける大手メーカーTANITAから販売されているRD-907シリーズです。

専用アプリ「ヘルスプラネット」と連携することで計測データをスマホに記録し、グラフデータとして確認することができます。

RD-907シリーズは登録番号によってLCDライトの色を最大で4色まで選択することができるので測定結果がわかりやすいのが特徴です。

また計測結果によってもカラー変更するようになっており、肥満数値で例えると肥満判定の場合は「赤」、標準判定の場合は「緑」、痩せすぎなどは「黄」とわかりやすく判断できるようになっています。

また計測数値は50g単位まで測定することができますので、より細かく体重測定をしたい方にはオススメです!

価格 18,400円
測定データの種類 体重 / BMI / 体脂肪率 / 筋肉量 / 筋質点数 / 推定骨量 / 内臓脂肪レベル / 基礎代謝量 / 体内年齢 / 体水分率
測定データの見やすさ ★★★★☆
連携アプリの種類 ヘルスプラネット
バッテリー形式 電池(単3電池×4)

OMRON HBF-256T

医療機器メーカーOMRONから販売されているHBF-256Tです。

こちらの製品も50g単位で体重を測定することができ、体重計に乗るだけでユーザーを判断する自動識別機能が優秀な製品です。

また前回の測定結果を測定時の数値の横に表示してくれるので、どれくらい変化したのかが一目でわかるようになっています。

また専用アプリ「OMRON connect(オムロン コネクト)」と連携することで測定データを記録することができ、シンプルで非常に見やすいデザインが高い評価を得ています。

価格 12,263円
測定データの種類 体重 / BMI / 体脂肪率 / 骨格筋率 / 内臓脂肪レベル / 基礎代謝量 / 体内年齢
測定データの見やすさ ★★★★★
連携アプリの種類 OMRON connect(オムロン コネクト)
バッテリー形式 電池(単4電池×4)

Nokia Body Cardio


デザイン性に優れたNokiaから販売されているBody Cardioです。

最大8人の自動識別が可能で、乗るたけですぐにユーザー判断し測定を開始してくれます。

さらに他の体重計にはない心拍数を測定する機能があり心臓の健康状態を日々把握することができます

またこの機種が人気な理由は連携できるアプリが複数ありお好きなアプリでデータ管理ができるところです。

現在は100種類を超えるアプリと連携が可能で、MyFitnessPal、Weight Watchers、Runkeeper、MapMyRunやAppleのヘルスケアアプリとも連携ができます。

加えてNokiaから販売されているスマートウォッチやスマート睡眠パッドと連携することでより身体の状態を計測し総合的に把握することができる唯一の体重計です。

本格的に身体の状態を把握したいという方にはオススメの体重計です!

価格 18,044円
測定データの種類 体重 / 筋肉量 / 体脂肪率 / 骨密度 / 筋密度 / BMI / 水分率 / 骨量 / 心拍数
測定データの見やすさ ★★★★☆
連携アプリの種類 Health Mate、MyFitnessPal、Weight Watchers、Runkeeper、MapMyRun、Apple health、Fitbit、その他多数
バッテリー形式 充電式

RENPHO


コストパフォーマンスに優れたRENPHOのスマート体重計です。

測定データは体重、BMI、体脂肪率、皮下脂肪、体内水分率、骨格筋、筋肉量、推定骨量、タンパク質、基礎代謝、体年齢の11種類の数値測定が可能です。

測定数値は大手メーカーが販売する体重計と変わらないくらい正確で、アプリ連携もFitbit、Apple health、Google healthなどのアプリと連携が可能です。

これだけの機能性を携えているにもかかわらず、価格は3,299円と圧倒的コストパフォーマンスを誇ります。

Amazonのレビューも非常に評価が良く、Amazon’s Choiceに選出されるくらい人気の製品ですので、シンプルに数値確認をするだけで大丈夫!という方には最高の製品でしょう!

価格 3,299円
測定データの種類 体重 / BMI / 体脂肪率 / 皮下脂肪 / 体内水分率 / 骨格筋 / 筋肉量 / 推定骨量 / タンパク質 / 基礎代謝 / 体年齢
測定データの見やすさ ★★★☆☆
連携アプリの種類 RENPHO、Fitbit、Apple health、Google health
バッテリー形式 充電式

1byone


こちらもコストパフォーマンスに優れる1byoneのスマート体重計です。

測定データは体重、BMI、基礎代謝量、体脂肪率、推定骨量、体内水分率、筋肉量、内臓レベルの8種類のデータを測定可能です。

連動アプリはメーカーアプリ「1byoneヘルスケア」とApple healthになりますが、シンプルに測定データを管理したいだけであればメーカーアプリでも十分かと思います。

この製品にはベビーモードという機能があり、体重を計りづらい赤ちゃんの体重を正確に測るために抱っこしている人の体重を差し引いて測定する機能があります。

赤ちゃんだけではなく犬や猫などのペットの体重管理にも使えるのはとてもありがたいですね!

価格は3,499円とRENPHOに負けず劣らずのコストパフォーマンスを誇ります。

価格 3,499円
測定データの種類 体重 / BMI / 基礎代謝量 / 体脂肪率 / 推定骨量 / 体内水分率 / 筋肉量 / 内臓レベル
測定データの見やすさ ★★★☆☆
連携アプリの種類 1byoneヘルスケア、Apple health
バッテリー形式 電池(単4電池×4)

おわりに

さて今回はオススメのスマート体重計をご紹介しました!

本格的に数値分析をしたい方には他のスマートデバイスと連携することができるNokia Body Cardioがオススメですし、シンプルに体重測定をしたい!という方にはRENPHOや1byoneの体重計がオススメです!