【2019年最新版】Apple Watchで操作できるIoT家電5選!Apple Watchはここまで便利になった!

Apple Watchは腕時計としての機能だけではなく、スポーツやヘルスケア領域でも様々な役割を備えるスマートウォッチです。

今までも十分に便利でしたが、最近ではApple Watchで家電までも操作ができるようになりました!

今回はApple Watchで操作する事ができるIoT家電をご紹介したいと思います!

SwitchBot

SwitchBotは物理ボタンをスマホから遠隔操作できるようにするIoTデバイスです。

簡単なスイッチからお風呂のボタン、コーヒーメーカーのスイッチまで形状を選ばずコントロールする事が可能になります。

Apple WatchとSwitchBotを連携させる事でできることはボタンのオンオフです。

操作をする方法はスマホを利用する際と同じで「オン」「オフ」というボタンをタップするだけです!

連携でできること
☑ 物理ボタンのオンオフ
Apple Watchからswitchbotを操作してボタンのオンオフをコントロールしてみた

Tile

全米で人気No.1の忘れ物防止タグです。

スマホからTileの場所を探すだけではなくTileからスマホを探したり、Amazon Echoと連携する事で音声操作でスマホやTileを探すことも可能な現在最も優れているスマートタグのひとつです。

Apple WatchとTileを連携させる事でできることはTileの呼び出しと位置確認です。

現在Apple Watchと連携できるスマートタグの中では機能は最も多いため、連携前提でスマートタグを購入する方にはオススメです!

連携でできること
☑ 地図上でTileの場所を確認する機能
☑ Tileを呼び出す機能
【レビュー】Apple Watchと忘れ物防止タグTileを連携してできること

NETATMO

NETATMOから販売されている屋内用防犯カメラです。

高度な顔認識技術を備えており、見知らぬ人が家に侵入してきた際にスマホを通じてアラートしてくれます。

スマホの専用アプリとWelcomeをインターネット上で接続する事で、Welcomeで録画したデータをスマホに送る事ができます。

Apple Watchではカメラに映った人を時間とともに伝えてくれます。

この機能があればお子さんが家に帰ってきたときなどすぐに確認する事ができるので、非常に便利ですよね!

連携でできること
☑ カメラに映った人物を確認する機能

CHIPOLO

シンプルなデザインの忘れ物防止タグです!

デザイン性に優れるだけではなく、アイテムファインダー機能やスマホのセルフィー機能も備えている高性能スマートタグです。

Apple Watchと連携してできることは非常にシンプルで、CHIPOLOを呼び出すことのみです。

できることは単純ですが、シンプルだからこそ急いでいるときなどは使い勝手は良いかもしれませんね!

連携でできること
☑ CHIPOLOの呼び出し機能
【レビュー】忘れ物防止タグCHIPOLOをApple Watchで操作可能!?スマートタグはここまで便利になった!

Qrio Smart Lock

Qrio Smart Lockは自宅のドアに設置することで、スマホの専用アプリを使用して施錠・解錠することのできるデバイスです。

ドアの内側に設置する仕組みになっており、サムターン(鍵のつまみ)の位置に合わせるように設置するだけで簡単にスマホからコントロールする事ができます。

Apple Watchとの連携でできることは、鍵の施錠・解錠です。

本来であればスマホを取り出して行わなければならない操作を、Apple Watchからシンプルな操作で行う事ができます。

連携でできること
☑ 鍵の施錠・解錠
接続できない場合の対処方法は?Apple WatchでQrio Smart Lockを操作してみた!

おわりに

さて今回はApple Watchで操作する事ができるIoT家電をご紹介いたしました!

現段階ではまだそこまで数は多くありませんが、今後スマートホーム化が進歩していくにつれてApple Watchでもできることや操作できるデバイスは増えてくることは間違いないでしょう。

今回ご紹介した製品も今後のアップデートでより使いやすくなるかと思いますので、皆さんもぜひ試してみてください!