【IoT】Siriでも操作が可能!スマホで電源や温度を操作可能なマルチダイナミックヒーターとは!

「帰ったら暖かい部屋が出迎えてくれたらいいのにな〜」

真冬の時期は誰もが一度はそんなことを考えるのではないでしょうか。

冬場は部屋までひんやりで、暖房をつけてもすぐに部屋は暖まらず、布団の中で部屋が暖まるまで待つ、なんてことも。。。

今回ご紹介するデロンギのマルチダイナミックヒーター(MDH15WIFIシリーズ)はスマホで遠隔から電源のON/OFFを操作する事ができ、温度や電力に至るまで細かく設定する事ができます!

これで冬場の寒い部屋とはおさらばですね!

マルチダイナミックヒーターとは?


デロンギから販売されている最上位ヒーターです。

最上位モデルということもありヒーターとしての性能は非常に高いです。

はじめ室温が数℃であったとしても、25分後には20℃以上まで室温を上げる事ができます。

また温度調節も0.5℃の精度でコントロールすることのできる精度の高さを誇ります。

外気温が変化しても設定した温度をキープする事ができるため、常に快適に過ごすことができます。

火傷にも配慮されており、ヒーター表面は60℃前後となっているためお子さんのいるご家庭でも安心ですね!

スマホで操作可能!

Image,DeLonghi

MDH15WIFIシリーズはスマホで電源ON/OFFや温度調節をすることができます

スマホさえあれば布団から出ることなく専用アプリを通じてヒーターを操作することができます。

さらにSiriとも連動しており、Siriに「おはよう」と話しかけるだけで電源をONにすることができ、さらに温度調節などもする事ができます!これはかなり便利ですね!

外出先からでも遠隔操作が可能!

Appleから販売されているApple TVをご自宅に設置しておくだけで、スマホを通じて外出先からもヒーターの電源をONにする事ができます

この機能があれば帰宅してから暖かくなるまで寒さに耐えるなんてことは必要なくなります!

また当然電源をOFFにすることもできるので、ご自宅を出た後に消し忘れたことに気づいた場合でも安心ですね!

Apple HomeKitで一元管理!

HomeKitはAppleから提供されるデバイスを一元管理できる未来アプリです。

対応する製品はこのHomeKitで一元管理する事ができるので、専用アプリをわざわざ立ち上げて操作する必要がありません。

MDH15WIFIシリーズもそのひとつで、専用アプリ「MD Heater」で操作することも可能ですが、どうせなら一元管理することのできるHomeKitで操作したいですよね!

今後対応製品が増えてくれば増えてくるほど便利になること間違いなしでしょう!