【IoT】靴のIoT化で脚の動きを記録!ORPHE TRACKが徹底的な運動解析を実現!

Image,no new folk studio Inc.

近年IT技術が急成長を遂げ、スマートウォッチなどのウェアラブルデバイスが日々の生活をより便利なものに変えてくれています。

ウェアラブルデバイスとは腕や服などに身に着けて、運動や行動の記録をとったりメールや着信の通知スマホの機能の一部を肩代わりする「身につけることのできるコンピュータ」です。

現在は脈拍や健康状態を計測するスマートバンドや、スマホと連携して時計機能だけではなく様々な機能を携わえるスマートウォッチなどが流行していますが、なんとシューズをIoT化してスマホと連携させるプラットフォームが発表されました!

それが今回紹介するORPHE TRACKです。この製品は一体どんな機能をもつものなんでしょうか?

ORPHE TRACKとは?

Image,no new folk studio Inc.

ORPHE TRACKは株式会社no new folk studioが発表したプラットフォームで、シューズをAI搭載のスマートシューズ化させて今までにはない様々な機能をシューズに付与させる事ができます。

センサーモジュールであるORPHE COREを通常販売されているシューズに装着する事で、そのシューズをIoT化させるものなんです。

発表時はコンセプトスニーカーと共に発表されましたが、今後は市販のスポーツシューズを中心にORPHE TRACKに対応させるためのORPHE FRAMEWORKSを販売していくようです。これがあればランニングシューズなどをスマートシューズ化させる事ができますね!

Image,no new folk studio Inc.

ORPHE TRACKは何ができる?

Image,no new folk studio Inc.

「ORPHE CORE」に搭載されるAI「ORPHE AI」は、足の動きのデータから機械学習を行い、ランニングフォームのコーチングや健康状態の分析をしてくれる素晴らしいもの。

最先端のマイクロコンピューターを内蔵しており、低消費電力かつ高速処理を実現し、リアルタイムで高精度の運動解析とフィードバックができるようになりました!本当に近未来を実感させるデバイスですね!

Image,no new folk studio Inc.

ちなみに側面にはLEDライトが配置されており、着用者の行動に応じて色や発色が変化します。まさにスマートデバイスを特徴づける機能です!

現在はまだ詳細は発表されていませんが、今後はより詳細な運動解析や行動解析ができるようになるだけでなく、移動経路解析(道案内、見守り)といった様々な機能を提供されていくそうです。

これらの機能がスマホと連携する事で様々なデータ蓄積や分析を可能にし、走行フォームなどの改善に役立つ事間違いなしです!

おわりに

さて今回はシューズをIoT化させる画期的プラットフォーム、ORPHE TRACKについてご紹介しました!

ORPHE TRACKはシューズメーカー向けに1018年の夏頃に販売される予定のようです。今後はランニングシューズだけではなく女性用のシューズにも対応していくようです!今後要注目ですね!